進む高齢化に伴って

nursing

急速に広がる介護サービス事業

高齢化社会が進み、ここ数年で急速に高齢者のための介護関係の施設が全国的に増えています。昔と比べて足腰が強く、まだハツラツと元気な高齢者ももちろん増えていますが、それでも世の中における高齢者の全体数が非常に多いので、介護を必要とする数も必然と膨れ上がっているのです。その需要と供給のバランスが崩れているために、このように急速なピッチで介護サービスの提供が進められているのです。 どこにいても、利用者の送迎車が走っているのをみかけますし、至るところに大規模な老人福祉施設が次々と設立されています。このように社会現象にまでなっている介護事業を背景に、それに関連したものにも変化が現れてきています。ユニフォームもその一つです。

ユニフォームに向いているものとは

介護関連サービスを行う施設や団体で働く人々は、大抵の場合がユニフォームとされる共通の衣服を着用しています。それは、ユニフォームで利用者にその施設のヘルパーや所属している者であることを明らかにし、安心して接してもらうことが目的の一つにあります。また、着用する側にも働くことに対しての意識の高まりであったり、介護をするうえでの動きやすさであったりと、精神的にも身体的にも重要な役割を果たしています。 それらのユニフォームの定番といえば、ポロシャツやジャージなどラフなものが多く、できるだけ身軽で動きやすいものが選ばれています。また、食事や入浴等の介助で汚れやすいので、エプロンであったり、裾が短めになっているものであったり、と汚れてもいいようなものも活用されているようです。